ブランド・テキストスタイルの設定

始める前に

アカウントにおいてテキストスタイルを設定するには、編集権限が必要です。

本章では以下をご紹介します:
テキストスタイルの設定
テキストマッピング図

テキスト・プレースホルダーは、シーン内でテキストを追加できる指定領域です。 特定のプレースホルダーで使用されるテキストスタイル(フォントや間隔)は、ブランド設定で定義されます。 ブランド設定には、シーンのカスタマイズを始める前に設定する必要がある、5つのテキストスタイルが含まれています。 テキストスタイルの設定は、プログラム内の全てのシーンに適用されます。

注意:

ブランド設定は、複数のプログラムで使用されるため、テキストスタイルを変更すると、現在作業をしているプログラムだけでなく、 同じブランド設定を使用している全てのプログラムに影響を及ぼします。 そのため、慎重に行うことをお勧めします。

﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍

テキストスタイルの設定

1.

プログラムにアクセスします。

2.

ツールバーで、Brand を選択した状態で、設定を行いたいブランド設定名のそばにあるペンシル型のアイコンをクリックします。

My_brand_configuration.png

3.

Text Styles セクションを開きます。

Open_text_styles.png

5箇所のテキストスタイルが、デフォルト値とともに表示されます。

5_default_text_styles.png

4.

設定したいテキストスタイル(以下の例では、Heading(見出し))の横にあるペンシル型のアイコンをクリックすると
テキストマッピング図 を参照の上、どの箇所のテキストを設定するかを確認します。

click_pencil_icon_to_open.png

5.

以下のいずれか、あるいは全ての設定を行います:

 

Font: ドロップダウンリストを開き、使用したいフォントと太さを選択します。

 

Letter case: ドロップダウンリストを開き、大文字・小文字の選択をします。 ただし、一部のフォントにおいては、スモールキャピタル が適用されない点にご注意ください。

 

Letter spacing: ドロップダウンリストを開き、文字の間隔を選択します。 ここでの数値は、文字の間におけるスペースの量を表しており、数値が高いほど、文字と文字の間に余白ができます。デフォルトは0です。

 

Line spacing: テキストサイズに対して、テキスト行間の垂直方向の距離を何パーセントにするかを入力します。デフォルトは100%です。
この行間は、連続したテキストにおける垂直方向の距離を指し、テキスト行間の改行(Enter)には適用されません。

テキストスタイルに設定を行うと、関連するプレースホルダーにその変更が反映されます。 元に戻すのアイコン revert_icon.png を使用して、以前の設定に戻すこともできます。

Text_change.gif

6.

新しい設定を確認したら、SAVEをクリックします。
▶ 1つずつ設定するのではなく、保存する前に全てのテキストスタイルを設定することも可能です。

Click_save.png

新しいテキストスタイルがブランド設定に保存されます。

New_text_styles.png

テキストマッピング図

テキストスタイルがシーンでどのように使用されるかを確認したい場合は、以下のマッピング図をご参照ください。

一般的に、全てのテキストスタイルが1つのシーンで使用されることはありません。

Text_mapping_3.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。