本章では以下をご紹介します
ボタンとは?
パーソナライズされないボタンの設定
1:1パーソナライズされるボタンの設定
オーディエンス別に出し分けるボタンの設定
追記

注意点:

1. 設定したCTAボタンは、SundaySkyプレーヤーで動画が再生されている場合にのみクリックすることが可能です。

2. 現在CTAボタンが設定できるのは、オウンドメディア向けに作成されたプログラムのみとなります。将来的にはペイドメディア向けに作成されたプログラムでもCTAボタンが設定できるようになる予定です。

ボタンとは?

ボタンとは、シーン内にあるインタラクティブなコンポーネントで、クリックすると新しいブラウザのタブにURLが表示されるものです。

以下の例では、 Open a New Loan をクリックすると、新規融資の方法を詳しく説明したランディングページに誘導されます。

Open_a_new_loan-intro.png

シーン・テンプレートのライブラリでは、ボタンを含むシーンを、サムネイルと説明から識別することができます(以下図参照):

Scene_template_thumbnail_new.png

ボタン自体は、3つの要素で構成されています:

1.

ボタンの形状ボタンの形状 はブランド設定で定義されます。

2.

ボタンテキスト。 通常のテキストと同様に、以下が可能です:
a. 全ての視聴者に 同じボタンテキスト を表示すること。
b. 1:1 パーソナライズ を用いて、各視聴者毎にボタンテキストをパーソナライズすること。
c. オーディエンス別のメッセージ を用いて、オーディエンスグループ毎に一意のボタンテキストを表示すること。

ボタンテキストの色は ブランドカラー で定義され、そのテキストスタイルは ブランド・テキストスタイルで定義されます。

3.

URL ハイパーリンク。これは視聴者がボタンをクリックしたときに開かれるリンクです。要件に応じて以下が可能です:
a. 全視聴者に 同じ URL を設定する。
b. 1:1 パーソナライズ を用いて、各視聴者に対してパーソナライズされたURLを設定する。
c. オーディエンス別のメッセージ を用いて、視聴者が属するセグメント毎に URLを設定する。

動画の視聴が始まったら、レポートを実行したり、プログラムのダッシュボードを使用して、ボタンのパフォーマンスに関する指標を確認することができます。
詳細は、 新規レポートの作成ダッシュボード機能:クリック・サマリー をご参照ください。


パーソナライズされないボタンの設定

設定方法
1.

シーンのラインアップから、設定したいボタンのあるシーンを選択します。

 

Select_Scene_no_personalization.png

2.

ボタンの上にカーソルを合わせると、青枠のプレースホルダーが表示されますので、プレースホルダーの内側をクリックします。

  Button_is_selected_no_personalization.png

 

3. Button text フィールド (右ペイン)で、ボタンに表示したいテキストを入力し、 テキストフィールドの外側の任意の場所をクリックし変更を保存します。

  Type_button_text_no_personalization.png

4.

Destination URL フィールド (右ペイン)に、視聴者がボタンをクリックした際に誘導されるURLを入力します。
リンクを有効にするには、URLにプロトコル(http:// or https://)を必ず含める必要があります。
▶ 視聴者のボタンクリックからメール送信へ誘導したい場合、mailto:{受信者のメールアドレス}と入力します。
例:mailto:susan.adams@example.com
視聴者のボタンクリックから電話をかけるよう誘導したい場合、tel:{スペースやハイフンなしの電話番号}と入力します。
例:tel:123456789

  type_URL_no_personalization.png

 

5.

(オプション)ダッシュボード機能で、このボタンがどう表示されるかを定義します。

ダッシュボードでのボタン名をシーンでのボタンテキストと同じにしたい場合は、Same as button text を選択します。 これはデフォルトのオプション設定です。

ダッシュボードでのボタン名を別の名前にしたい場合は、 Customを選択し、名前を Type a name フィールドに入力します。

 

Button_options_no_personalization.png

1:1パーソナライズされるボタンの設定

設定方法
1.

シーンのラインアップから、設定したいボタンのあるシーンを選択します。

 

Select_Scene_no_personalization.png

2.

ボタンの上にカーソルを合わせると、青枠のプレースホルダーが表示されますので、プレースホルダーの内側をクリックします。

 

Button_is_selected_no_personalization.png

3.

Button text フィールド(右ペイン)で、 ボタンで全視聴者に表示したいテキストを定義してから、 テキストフィールドの 外側 の任意の場所をクリックし変更を保存します。

 

Button_text_for_1-1_personalization.png

4.

テキストフィールドで、パーソナライズされたデータを挿入する場所にカーソルを置き、左中括弧を入力します。
利用可能な全てのデータ要素のドロップダウン・リストが表示されます。

 

Type_left_curly_bracket.png

5.

適切なデータ要素を選択し、テキストフィールドの外側の任意の場所をクリックし、選択内容を保存します。 以下の例では:視聴者には See your special offer,というテキストと、その後に視聴者の名前が表示されます。
▶ ボタンのプレースホルダーに追加できるデータ要素は1つだけです。
▶ ボタンテキストに使用するフォントサイズはテキストの長さによって異なります。 フォントサイズは、テキストが長くなればなるほど、ボタン内の全てのテキストを表示するためにフォントは小さくなります。

 

Added_data_element.png

6.

データがない時にボタンに表示させたいテキストを入力します。 以下の例では:その視聴者のレコードに名前のデータが含まれていない場合、 See all our special offers と表示されます。
▶ このテキストをデフォルトテキストと呼びます。

 

Default_text_for_1-1_personalization.png

7.

Destination URL フィールド (右ペイン)に、視聴者がボタンをクリックした際に誘導されるURLを入力します。
リンクを有効にするには、URLにプロトコル(http:// or https://)を必ず 含める必要があります。
▶ 視聴者のボタンクリックからメール送信へ誘導したい場合、mailto:{受信者のメールアドレス}と入力します。
例:mailto:susan.adams@example.com
視聴者のボタンクリックから電話をかけるよう誘導したい場合、tel:{スペースやハイフンなしの電話番号}と入力します。
例:tel:123456789

 

URL_for_1-1_personalization.png

8.a.

(オプション) データ要素を使用して、URLをパーソナライズすることも可能です。(上記のステップ4-5を参照)
▶ データ要素を追加する前に、フォワードスラッシュ / を入力します。
▶ 以下の例では、データ要素 {Customer ID} は Skybankのウェブサイトにおける、特定の顧客専用のサブセクションを表します。 このリンクをクリックすると、Skybankのウェブサイトの個人アカウントページが表示されます。

 

Personalized_URL.png

8.b.

(オプション) パーソナライズされたURLを定義している場合において、視聴者の該当データがない際に設定されるURLを入力します。 以下の例では:{Customer ID} のデータが視聴者のレコードに含まれていない場合に、全ての顧客に適したページへ誘導されます。
リンクを有効にするには、URLにプロトコル(http:// or https://)を必ず 含める必要があります。

 

Default_URL.png

9.

(オプション)ダッシュボード機能で、このボタンがどう表示されるかを定義します。

定義する必要があるボタンが2ボタンあることに注意ください:
a. データ要素のボタン(以下の例では黄色くハイライトされています)。 このボタンのレポートオプションはページの下部に表示されます。

b. データが利用できない時に表示されるボタン(以下の例ではピンクでハイライトされています)。 このボタンのレポートオプションはページの下部に表示されます。

各ボタンについて:
ダッシュボードでのボタン名を、シーンでのボタンテキストと同じにしたい場合は、Same as button text を選択します。 これはデフォルトのオプション設定です。
データ要素を含むボタンに対してこのオプションを選択すると、データ要素がボタン名に含まれる点に注意ください。 以下の例では、ダッシュボードのボタン名は See your special offer, First Nameとなります。

ダッシュボードでのボタン名を別の名前にしたい場合は、 Customを選択します。

 

Reporting_Options.png

オーディエンス別に出し分けるボタンの設定

設定方法
1.

シーンのラインアップから、設定したいボタンのあるシーンを選択します。

 

Select_Scene_no_personalization.png

2.

ボタンの上にカーソルを合わせると、青枠のプレースホルダーが表示されますので、プレースホルダーの内側をクリックします。

 

Button_is_selected_no_personalization.png

3.

右ペインで、 Button by Audienceのスイッチを切り替えます。

 

Button_by_audience.png

 

4.

下矢印をクリックし Set message by ドロップダウンリストを開き、視聴者をセグメント化するデータ要素を選択します。
▶ 以下の例では、視聴者をAge Groupで分類しています。

 

Set_message_by.png

5.

+ VARIATIONをクリックします。

 

Click_%2Bvariation.png

6.

下矢印をクリックし、Audience ドロップダウンリストを開き、関連するセグメントを選択します。
▶ 以下の例では、Boomer は57歳から75歳の視聴者(団塊の世代/ベビーブーム)を表しています。

 

Select_boomer_audience.png

7.

この視聴者セグメントのボタンに表示するテキストを入力し、テキストフィールドの外側の任意の場所をクリックして変更を保存します。

 

Text_for_boomer_audience.png

8.

(オプション)ボタンテキストにパーソナライズのためのデータ要素を含めることもできます。 詳細は、1:1パーソナライズされるボタンの設定 (手順4-5)をご参照ください。
▶ 以下の例では、ボタンテキストは視聴者の名前で始まります。

 

Audience_messaging_personalize_button_text.png

9.

Destination URL フィールドにそのセグメントの視聴者がボタンをクリックした際に誘導されるURLを入力します。
リンクを有効にするには、URLにプロトコル(http:// or https://)を必ず 含める必要があります。
▶ 視聴者のボタンクリックからメール送信へ誘導したい場合、mailto:{受信者のメールアドレス}と入力します。
例:mailto:susan.adams@example.com
視聴者のボタンクリックから電話をかけるよう誘導したい場合、tel:{スペースやハイフンなしの電話番号}と入力します。
例:tel:123456789

 

URL_for_babyboomers.png

10.

(オプション) データ要素を使用してURLをパーソナライズすることも可能です。 詳細は、 1:1パーソナライズされるボタンの設定 (手順 8.a-8.b)をご参照ください。
▶ 以下の例では、データ要素 {Customer ID} は Skybankのウェブサイトにおける、特定の顧客専用のサブセクションを表します。 Boomerセグメントに属する視聴者がこのリンクをクリックすると、パーソナライズされたローンオファーへ誘導されます。

 

Audience_messaging_personalized_URL.png

11.

(オプション)ダッシュボード機能で、このボタンがどう表示されるかを定義します。

ダッシュボードでのボタン名を、シーンでのボタンテキストと同じにしたい場合は、Same as button text を選択します。 これはデフォルトのオプション設定です。

ダッシュボードでのボタン名を別の名前にしたい場合は、 Customを選択します。

 

Audience_messaging_display_name_in_reports.png

12.

+ VARIATION をクリックし、別の視聴者セグメントに対するボタンを設定します。

 

Audience_messaging_add_variation.png

13.

上記手順7-11を繰り返して、追加したセグメントに対して、 ボタンテキスト、URL、レポートオプションを設定します。 レポートオプションの詳細は、追記 (#4) をご参照ください。

 

Gen_z_-_audience_segment.png

14.

必要に応じて、追加のバリエーションを作成します。

15.

When audience is not defined showでは、 以下の場合における、シーンに含まれるボタンを設定します:
● 視聴者が定義したバリエーションのどのセグメントにも属さない場合。
● 特定のセグメントにおいて、パーソナライズするためのデータがない場合。 パーソナライゼーションが設定されているボタンを表示するには、 視聴者が選択したセグメントに属し、そして 必要な要素のデータを持っている必要があることに注意ください。

以下の例では:
Unbeatable loans made easy! (リンク先 https://skybank.com/alloffers) と表示されるボタンがシーンに含まれるのは、以下の場合です:
● 視聴者がBoomerやGen-Zのセグメントに属さない場合
● Boomerセグメントに属する視聴者のレコードに名前のデータが含まれていない場合

 

When_audience_is_not_defined.png

 

追記

1.

プレースホルダー内のボタンテキストを全て削除することで、シーンからボタンを完全に削除することができます。

 

Delete_button.gif

2.

オーディエンス別に出し分けるボタンを設定する場合:
Button text を空にすることで、特定のセグメントのボタンを削除することができます。

 

Segment_without_a_button.png

3.

オーディエンス別で出し分けるボタンを設定する場合:
設定したボタンは、複数のセグメントで使用することができます。 その場合、視聴者が選択されたセグメントのいずれか に属していれば、ボタンテキストとURLが適用されます。 以下の例では、Boomer あるいは Senior セグメントの どちらかに属する視聴者に対して、ボタンテキストとURLが適用されます。

 

Two_segments_in_button.png

4.

オーディエンス別に出し分けるボタンを設定する場合:
同じボタンテキストが、複数のバリエーションのレポートに使用されている場合、 全てのボタンの指標はダッシュボードで1つに集約されます。
以下の例では:レポートで使用されるボタンテキストが、両方のバリエーションで使用されるため、 ボタンの指標は1つに集約されます。

 

Same_button_text.png

5.

バリエーションを削除するには、関連するバリエーションペインで X を クリックします。

 

Delete_variation.png

6.

ボタンの色、ボタンテキストの色、およびテキストスタイルは、全てブランド設定から取得されます。 詳細は、 ブランド・カラーの設定 と ブランド・テキストスタイルの設定 をご参照ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。