ベストプラクティス:Eメールからランディングページへの誘導

多くの場合、視聴者と共有される動画は、ランディングページ上で視聴されます。 視聴者はあなたが送ったEメール等を経由して、ランディングページに到達します。

本章では、Eメールが開封され、その動画が視聴される可能性を高めるためのベストプラクティスをご紹介します。 魅力的で優れたデザインのEメールは、動画の内容に関する信頼できる情報を提供し、動画を見ることの価値を視聴者に強調します。

ベストプラクティスは、Eメールの3つの構成要素に分けて説明されます:

1. 件名
2. Eメールの内容
3. 動画サムネイル


件名

1.

メールの件名は、分かりやすい適切な長さに調整します(英語表記の場合、最長41文字または7語まで)。

2.

受信者の名前やその他の個人情報を含め、注意をひきつけます。

Name_in_subject_line.jpg

3.

受信者にパーソナルビデオを受け取っていることを認識させます。

Your_personal_video_is_ready.jpg

4.

プリヘッダーでは、40-70文字(デスクトップ)、または30-55文字(モバイル)を記載し、受信者がEメールを開くよう誘導します。

preheader.jpg

5.

件名とプリヘッダーは、メッセージを伝えるためにうまく連動させる必要があります。 プリヘッダーは第2の件名と考え、件名と同じ文章を繰り返さないようにします。その代わりに、より多くの情報を追加し、興味を引くようにします。

6.

定期的にA/Bテストを行い、どの件名がより多くのメール開封につながるかをテストします。 例えば、短い動画パーソナライズされた動画でテストを行うことも可能です。


Eメールの内容

1.

すっきりしたシンプルなレイアウトを使用します。ビジュアルやテキストは最小限にとどめます。

Email_example.png

2.

動画サムネイルは上部に配置します。

video_invitation_above_fold.png

3.

可能であれば、動画サムネイルに、パーソナライズ要素を含めます。

personalize_video_invitation.png

4.

可能であれば、Eメール上にCTAを1つだけ含めます。 CTA(例:Click to Watch)は、動画サムネイルの近くに配置します。CTAはブランドにとって重要な他のCTAと競合しないようにします。

Video_invitation_CTA.png


動画サムネイル

動画サムネイルは、ビデオプレイヤーのような画像で、視聴者を実際の動画に誘導するために使用されます。

1.

視聴者にメリットを明確に伝える誘い文句で、行動を促します。

Video_invitation_benefits.png

2.

可能であれば、動画サムネイルに、アニメーションGIFを作成し、視聴者の注意を喚起します。 

3.

最小限のビジュアルと簡潔なテキストを使用し、CTAは1つだけとします。

4.

動画サムネイルはシャープで見やすく、中央に配置される再生ボタンと、プレイヤーバーのUIを含める必要があります。 これらの要素は、動画サムネイルが視聴可能な動画であることを印象づけます。

Video_invitation_elements.png

5.

動画サムネイルでは、Click to Watch(クリックして視聴) あるいは Watch Now(いますぐ視聴)のような シンプルなテキストの動画再生CTAを表示します。

Watch_now_CTA.png 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。