1:1パーソナライズでのナレーションのスクリプト

ビデオのナレーションでは、視聴者固有のデータを使い、その視聴者向けにパーソナライズすることができます。

ここでは、よりカスタマイズされた視聴体験を実現するためのナレーションの例をご紹介します:

1. オープニングのシーンで、こんにちはと言った後に、視聴者の名前を呼びかける。

2. 新しいポイントプログラムの告知ビデオの中で、視聴者が獲得したポイント数をナレーションで伝える。

3. 大学の生徒募集ビデオのシーンにおいて、その視聴者の高校名をナレーションで読み上げる。

1:1 パーソナライズは、視聴者毎にSundaySkyに渡されるデータに基づいて行われます。 SundaySkyビデオ・プラットフォームで、データがどう使用されるかの詳細は、 データ連携の基本をご参照ください。

スクリプトの作成を始める前に、 ナレーション用スクリプトのベストプラクティス10を参照することをお勧めします。


1.

シーンのラインアップから、スクリプトを作成するシーンを選択します。

select_scene.png

2.

ナレーションのプレースホルダーにカーソルを合わせると青枠が表示されるので、その内側をクリックします。

Select_voiceover_placeholder.png

右側のペインで、プレースホルダーのテキストが選択されます。

Narration_placeholder_selected.png

3.

まずは全員に聞かせたいスクリプトを入力し、テキストフィールドの外側の任意の場所をクリックして保存します。

Script_for_all.png

4.

テキストフィールドでパーソナライズデータを挿入したい場所にカーソルを置き、左大括弧を入力します。 

Open_curly_bracket.png

利用可能なデータ・エレメントのドロップダウン・リストが表示されます。

Data_elements_displayed.png

5.

パーソナライズしたいデータ・エレメントを選択し、テキストフィールドの外側の任意の場所をクリックして保存します。 以下の例では、視聴者はHiの後に、自分の名前を呼びかけられます。そして、 Welcomeから始まる残りの文章を聞くこととなります。
▶ ナレーションのプレースホルダーに、マイクのアイコン Microphone_icon.pngが追加され、データエレメントが追加されたことが示されます。
▶ 1つのナレーション用プレースホルダーに追加できるデータ・エレメントは1つだけです。

First_name_added.png

6.

データが利用できない(またはデータがない)場合のナレーションのスクリプトを入力します。 以下の例では、視聴者の名前がレコードに含まれていない場合、ナレーションは次のようになります: Hi! Welcome, and thank you for choosing us for your banking needs.

Default_narration.png

7.

ナレーションをプレビューします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。