ランディングページを自作している場合は、このまま読み進めてください。 SundaySkyランディングページビルダーを使用して、ランディングページを作成している場合は、 ランディングページ・ビルダーを使うをご参照ください。

本章では以下をご紹介します
ビデオ再生リンクの生成
データファイルの準備

ビデオがパブリッシュされたら、各視聴者のための固有のビデオ再生リンクを生成することができます。

視聴者はそれぞれ、自分専用にカスタマイズされた動画を視聴することになります。 動画の内容は、各視聴者のデータレコードのデータと共に、シーンをどのように設定したかに基づいています。詳しくは、 ビデオのパーソナライズの仕組みをご参照ください。


ビデオ再生リンクの生成

1.

プログラムにアクセスします。

2.

 EDIT PROGRAMの横にある3つのドットをクリックし、 Generate video linksを選択します。
▶ このオプションが表示されない場合は、プログラムがまだパブリッシュされていない状態であることを示します。

Generate_video_links.png

3.

以下のいずれかの方法でデータファイルをアップロードします:
a. ファイルを点線で囲まれた領域にドラッグ&ドロップします。
b.  UPLOAD FROM COMPUTER をクリックし、ローカルまたはクラウドストレージからファイルをアップロードします。
▶ ファイルの構成や準備の具体的な方法は、データファイルの準備をご参照ください。

Click_upload_from_computer.jpg

4.

動画を再生するランディングページのURLを入力し、NEXTをクリックします。
▶ このウェブページが、SundaySkyビデオプレイヤーを埋め込むウェブページとなります。

Enter_landing_page_URL.jpg

5.

DOWNLOAD VIDEO LINKSをクリックします。
この段階で、SundaySkyプラットフォームにデータが保存され、固有のビデオリンクが生成されます。

Click_download_video_links.jpg

6.

ダウンロードされたファイルを開きます。
▶ このファイルをメール・サービスプロバイダ―に送信することも可能です。

video_links.png

SundaySkyプレイヤーでは、以下のように動画が表示されます:

SundaySky_player.png


データファイルの準備

1.

Your customized CSV Template をクリックして、データファイルのテンプレートをダウンロードします。

Your_customized_csv_template.jpg

2.

ダウンロードされたデータファイルのテンプレートを開きます。このテンプレートには、動画のパーソナライズに使用するデータ・エレメントが含まれています。 各データ・エレメント名は、ここでの列名となります。
アップロードするデータファイルは、このファイルと同じ形式である必要があり、大文字・小文字も合致している必要があります。
▶ 以下の例では、3列がヘッダーに設定されています:idFirst NameCustomer Type。 この例においては、アップロードされるファイルの列名もその3列と完全一致する必要があります: A列はid 、B列は First Name、C列は Customer Type

csv_template_example.png

3.

以下のいずれかでデータファイルを準備します:

 
方法 1
データファイルのテンプレートから、ヘッダー列を企業のデータファイルにコピーします。 各列のヘッダーの下にある値が、各列(データ・エレメント)に関連しているかを確認します。
方法 2
データファイルのテンプレートを、データファイルとして使用し、各行に関連する値を入力します。
方法 3
データファイルのテンプレートは参考としてのみ使用します。データファイルの列名をテンプレートと比較し、列名などのフォーマットが正しいことを確認します。

注意点:

a.

全ての列ヘッダーには列名が設定されている必要があります。

b.

列ヘッダー名は一意であり、他の列ヘッダーと異なっている必要があります。

c.

id 列は必須となり、常に最初の列(A)で、列名は常に小文字である必要があります。

d.

全ての行(レコード)には id値 が必要です。 他の列の値は任意です。値が空の場合、動画上で表示されるメッセージは、プログラムで定義されたデフォルトのメッセージに従います。

e.

各行の  id値 は一意でなければなりません。これは以下2つの理由によるものです:
a. 各レコードに対して、一意のビデオ再生リンクが作成されます。
b.  id値 は動画視聴レポートで使用されます。

4.

 CSV UTF-8(カンマ区切り) 形式でファイルを保存します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。